塗装の時期について

塗装をしようと考えている方に、塗装の時期に関してチェックしてみましたので、確認してみてください。。
まず、外壁の塗装の場合、手に触って、手に白い粉などが付着する場合は、そろそろ塗装をする時期になっているという事です。
これは、専門的には、チョーキングと言って、塗装されているう塗料が風化してきていて、性能が著しくおちているという事になります。 このまま、塗装もせずに長期間放置すると、表面と塗装だけでなく、モルタルで仕上げている家なら、モルタルも腐食してくるし、鉄部なら錆びるという事になります。
塗装に関して言えば、こまめにチェックして、表層が痛んだ時に塗装をするという事をしておかないと、下地の補修が必要になってきて、価格も時間もかかってしまう事が良くあります。
ですので、早めに塗装というのがベストです。

あと、塗装と言っても、その場所にもよると思います。
国内の塗料メーカーが表示している期間はモルタルやサイディングの場合10年サイクル、鉄部は5~6年のサイクルで塗装するのがベストという事になっています。
勿論、材料によっても変わりますし、風が吹いている場所、日陰で常に湿気の高い場所、海に近く潮風が影響する場所などで随分と違ってきますので、その辺りは、専門の業者に調査を依頼するのがベストかもしれません。
塗装 神戸
塗装に関しての時期といえば、塗装に適した季節は?という事も良く聞かれます。
今では昔と違って材料の性能も良くなり、乾きの早い材料も多くなってきているので、あまり季節によって塗装に良い時期、悪い時期という事はないようです。
また、乾いていな下地の上に中塗り、上塗りをするというのはもちろん出来ませんので、あまり関係ないと考えていいと思います。

どちらにしても、塗装を考えているなら専門の業者に確認を行ってもらい塗装を考えるのがベストになります。
今では、インターネットで近くの塗装店、塗装会社を探すのも簡単ですので、チェックしてみて決めるのが良いかもしれません。
今井塗装

関連記事